謹賀新年、新しい年(酉年)がスタートして4日。年末から新年にかけても毎日24時間サービス提供が続き、多くのスタッフの皆さんによってご利用者も新しい年を迎えることができました。ご苦労さまでした。

さて、干支の酉という漢字は酒つぼを描いたもので、「酒」に関する字に使われてきました。収穫した作物から酒を抽出するという意味や、収穫できる状態であることから「実る」という事も表します。また「とり」は「とりこむ」といわれ、商売などでは縁起の良い干支です。

 毎年、14日に行う「仕事始めの式」、36524時間の現場では違和感があるかもしれませんが、一つの区切りとして続けていますし、今後も続けて行きたいと思っています。理事長が「平成29年のテーマ」について話していただきました。このテーマは12月の法人調整会議のグループ討議において提案された3つの案を各係でスタッフ各位に応募していただき最も多かった(応募数の6割)テーマ「ひとりひとりを大切に ひとりひとりができる事 誠実 確実 着実」に決定しました。この事でスタッフに意識づけができればと思ったからです。このテーマを基礎に新年度の事業計画に取り組みたい。