成人の日は「115日」であったが、連休となるように1月の第2月曜日となった。本年は、112日で昨日でした。成人式は11日のところや12日のところや、5月、8月等々集まりやすい日程で開催される。テレビや新聞で晴れ着等の華やかな光景が写し出されている。数年前は成人式において暴れたり、主催者が困るような出来事が多数ありましたが、最近は報道されなくなったという事は穏やかな式になったのではと思う。本年は阪神・淡路大震災から20年、震災の中で生まれた赤ん坊が元気に成人式を迎えたニュース、一方で被災して迎えられなかった人もいる。東日本大震災も同様です。被災された地域において成人の日を迎えた若者が言った「生きていることに感謝」という言葉には、いろいろな思いが去来しているのだろうと想像する。人間は極限の状態に置かれて初めて「生きていることが当たり前のことではない」と思うのかも知れない。今日、自然災害、突然の事故等で一瞬に命を失うニュースがあまりに多い。

私たちは、日々多くの「いのち」とかかわる時間を過ごしている。改めて「いのち」の重みを感じる日として、117日、311日を過ごしたいと思っている。皆さんにもお願いしたい。